Suryamula(スーリアムーラ)

FAQ -よくある質問

ヨーガFAQ

Q1 >> ヨーガが心身のリラックスや、浄化・活性化を促すわけは?
Q2 >> ベーシック・クラスの内容は?
Q3 >> クラスに参加するときの留意点は?
Q4 >> 体が硬いのですが大丈夫でしょうか?
Q5 >> 授業のなかで自習時間があるのはなぜですか?
Q6 >> 「体験ヨーガ」受講時の服装や持ち物、参加費等は?
Q7 >> いつ予約を入れたら希望どおりの日に受講できますか?
Q8 >> 空席があるかどうか、どこを見るとわかりますか?
Q9 >> キャンセル待ちについて教えてください。
Q10 >> 特定の宗教と関係ありますか?
Q11 >> 自分でアーサナをするときの注意点は?
Q12 >> ヨーガを深める秘訣は何ですか?
Q1. ヨーガが心身のリラックスや、浄化・活性化を促すわけは?
A1. ハタ・ヨーガでは、体をひねる、前屈する、反らせる、バランス系、関節系などのアーサナ(ポーズ)をバランスよくおこないます。普段の生活では使わない身体部位を積極的に使うことにより、滞りや詰まりがとれていきます。例えば、川の流れの澱んでいる部分に働きかけるようなものだと思ってください。体内のエネルギーや血液、リンパ液などの流れがよくなると、不要なものは排泄され、体が軽くなり、頭もクリアーになります。力を抜いて、ゆっくり動き、深い呼吸をすることで、心身がリラックスし自律神経も整います。
Q2. ベーシック・クラスの内容は?
A2. 体の硬さや年齢・男女を問わず、どなたでも無理なくできるプログラムです。伝統的なハタ・ヨーガを中心に、呼吸法、瞑想法をとり入れた1時間半のクラス。流れは、以下のとおりです。

準備運動 → アーサナ(ヨーガのポーズ) → 太陽礼拝(12の連続ポーズ) → 自習時間 → 逆立ち(または逆転のポーズ) → 呼吸法 → 集中・瞑想法

 ・アーサナは、毎回、組み合わせを変えて、ひねり、前屈、バランス、反り、関節系等をバランスよくおこないます。太陽礼拝までで、約1時間です。
 ・集中・瞑想法は、数十種類の中から毎回1つ練習します。
Q3. クラスに参加するときの留意点は?

1.動きやすい服装で参加してください。

2.満腹時をさけておこないましょう。

3.無理をしないこと。周りを気にせず無理なくできる範囲でおこないましょう。

4.呼吸は(吐く息・吸う息ともに)鼻呼吸を心がけてください。

5.気負わず、頑張らず、ムダな力を抜いておこないましょう。

Q4. 体が硬いのですが大丈夫でしょうか?
A4. 大丈夫です。ヨーガをしているときは、自分の内側に気持ちを向けましょう。自分の状態を観察しながら、がんばらないで、無理なくできるところまでおこなうことが大切です。体が硬い方は、やわらかくなる楽しみもあります。安心してお越しください。
Q5. 授業のなかで自習時間があるのはなぜですか?
A5. 自分でおこなうことによって、アーサナを覚えるからです。わからない点、不明瞭なポイントをその場で講師に聞けますので、アーサナが身につきます。
  自分でアーサナができるようになり、ヨーガが生活に溶け込めば、いつでも気が向いたとき、必要なときに自分で自身をメンテナンスできます。そうなると、クラスに通う必要もなくなります。
  ハタ・ヨーガは生涯続けられる心身のメンテナンス法です。身につけることにより、あなたの一生の宝となることでしょう。自習時間を活用して、アーサナを覚えましょう。
Q6. 「体験ヨーガ」受講時の服装や持ち物、参加費等は?
A6. >>クラスの詳細ページをご覧ください。
Q7. いつ予約を入れたら希望どおりの日に受講できますか?
A7. その月の10日ぐらいまでに翌月の予約を入れると確実です。(例)2月10日に3月の予約を入れる。
Q8. 空席があるかどうかは、どこを見るとわかりますか?
A8. 「受講申込フォーム」の[希望日時]欄をクリックすると、最新の空席情報をご覧いただけます。空席情報は日々アップデートされ、キャンセル待ちが解除になることも度々あります。
Q9. キャンセル待ちについて教えてください。
A9. キャンセル待ちは、一度に複数日のお申込みができます。申込者には、キャンセルが出次第ご連絡します。最終のご案内は、クラス前日の18~20時になります(20時以降~当日のご連絡でも大丈夫な方は、お申込み時にその旨お知らせください)。キャンセル待ちを利用して、月謝(月4回)受講される方もおられます。また、キャンセル待ちが多いときは、その日の13:00~14:30に、クラスが追加開講されます。その際もお知らせしますので、どうぞご利用ください。
Q10. 特定の宗教と関係ありますか? 
A10. 宗教活動とは無関係です。特定の宗教を勧めることはありませんので安心してお出でください。
Q11. 自分でアーサナをするときの注意点は?

1.初心者は、熱があるとき、体調の悪いときは、無理にヨーガをおこなわないでください。

2.慣れてきて自分の状態がわかるようになったら、心身の要求に従ってヨーガをおこなうようにしましょう。

Q12. ヨーガを深める秘訣は何ですか?
A12. ポイントは、「無理をしない」「無駄な動きを省く」「継続する」ことです。上記をふまえて自分を繊細に観察しながらおこないましょう。そうすると、いつの間にか心身が変わり、「継続は力なり」を、深く実感する日が来るでしょう。

Blog 369

 インド映画講座

ジャラ・ネーティー

瞑想的入浴法

日常生活を瞑想にする方法。>>詳細は こちら

「体験ヨーガ」受付中!

>>詳細は こちらご覧ください