Suryamula(スーリアムーラ)

瞑想的入浴法

瞑想的入浴法イメージ

日常生活に瞑想を取り入れましょう

 ふだん日課になっているシャワーや入浴。日常の雑事のひとつで面倒だと思うことはありませんか?  
  入浴は体を清潔にするだけではなく、心身を活性化させる浄化法、瞑想法としても重宝します。
  ほんの少し「意識する」だけで、入浴が瞑想になる方法を紹介しますね。

まず、仕事を終えて帰宅し入浴するときは、少しぬるめのお湯に浸かりましょう。 できたらお風呂場の照明を消し、目を閉じます。体を伸ばして力を抜きましょう。お湯の温かさが体の表面から内部の深いところまで浸透していきます。体が芯からほぐれ、ゆるむのを感じましょう。お湯と体の境目を感じなくなるぐらいリラックスして。 ゆったりと自然に呼吸し、吐く息とともに体中の毛穴から不要なものがお湯に溶けていきます。疲れやストレス、老廃物…が体外に出てお湯の中に消えていくのを感じましょう。不純物や毒素が溶けては消え、溶けては消え…、本来の純粋な状態に戻っていきます。清らかさ、透明さを感じ、しばらく、おだやかに満たされた状態にくつろぎましょう(入浴時間は、のぼせるほど長湯してはいけません。体に負担がかからない程度にとどめましょう)。

「観想」を用いた入浴法

入浴は観想(*1)の練習としても利用できます。観想とは、物や風景等をありありと観(み)ること。この場合は、お湯が光明の甘露(不老長寿の聖水アムリタ)であると観じます。最初は、イメージするだけでも結構です。不調や病気があるなら、その病巣や不調和が聖水に溶けて消えていくのも観じましょう。すべてを癒すアムリタの心地よさに包まれ、細胞のひとつひとつがイキイキとした状態に戻っていきます。そして、内側から自己の本質が光り輝くのを感じましょう。

瞑想的シャワーの浴び方

日本には「水に流す」という美しい文化があります。かけ湯をしたり、シャワーを浴びるときは、今日、うまくいかなかったこと、うまくいったこと、辛かったこと、楽しかったこと等、すべてを洗い流します。ポイントは、ポジティブな感情や体験も洗い流すこと。そうすることで、どこにも偏らない自己の中心に落ち着きます。きれいな水(お湯)に清められ、ニュートラルな状態に戻っていきます。

瞑想的入浴法のあと

お風呂上りは清々しく爽やかで、真新しく生まれ変わったように感じることもあるでしょう。日常のなかで、ほんのひとときでも、このスッキリさっぱり感を体感することは大切です。こういうクリアーな状態のときは、ハイアーセルフを身近に感じ、知りたい情報がポーンと入ってきたりします。余分なものが排出され、リラックスしているとき、必要なものは自然に入ってくるのです。
心身の浄化・活性化を促す瞑想的入浴法を、今日からあなたの生活にとり入れてみせんか?

(*1) 観想
ある物体や人、風景等を目の前にありありと映像化すること。チベット仏教では、仏画や聖人を対象に観想します。
ベーシッククラスでは、瞑想の時間に、観想の練習もおこなっています。宗教色のない観想法です。
詳細はこちらをご覧ください。

Blog 369

 インド映画講座

ジャラ・ネーティー

瞑想的入浴法

日常生活を瞑想にする方法。>>詳細は こちら

「体験ヨーガ」受付中!

>>詳細は こちらご覧ください